efoのメリット

悩む女性ウェブサイトを利用していて、エントリーフォームの途中で離脱したことのある方はなんと7割もいます。入力フォームまでアクセスしたとしても、半分以上の人が入力を完了せずに離脱してしまうのです。これを解決できるefoには大きなメリットがあるでしょう。送信完了する人が増えれば、それだけビジネスにとって大きなメリットがあるのです。より利益を上げられるようになるでしょう。

Efoを実行してくれるサービスはたくさんあります。そちらを利用することによって、ノウハウがなかったとしても簡単に入力フォームの最適化を図ることができるでしょう。パソコンだけではなくてスマートフォンのサイトにも対応しているものもあるため、これもメリットです。最近はスマートフォンでインターネットをしている方が増えているため、そちらにもしっかりと対応できるのです。

efoのサービスでは、たとえばログ解析機能というものがあります。こちらを利用するとそれぞれの項目ごとにアクセス数やエラー発生数、滞在時間などを計測することができるのです。これによって入力フォームのどこに問題があったのかを簡単に特定することができるでしょう。

このようにefoによっていろいろなメリットを得られるのです。

【関連サイト】efo導入会社 / エフトラEFO

efoとは

電球一体efoとは何なのでしょうか。これはEntry Form Optimizationの略です。入力フォームの最適化という意味です。ウェブサイトには買い物をしたり、資料を請求したり、あるいは会員登録をする際には個人情報を入力することになります。実際に入力をするのが入力フォームとよばれるシステムです。こちらに必要な情報を入力するのですが、エラー表示されてしまったり、何を入力すれば良いのか分かりにくいというケースがあります。このような入力フォームによってストレスを感じてしまうと途中で離脱してしまうでしょう。途中で離脱する人が増えてしまうと、損失となってしまいます。この離脱率を改善するためにefoがあるのです。

Efoというのは入力フォームを最適化することであり、さまざまな方法があります。たとえば入力エラーでは、どこにエラーがあるのか分かりやすく表示されるようになります。その項目が必須入力なのか、任意入力なのかを簡単に見分けられるようになります。郵便番号を入力すると住所入力を補完してくれる機能もあります。入力完了まであとどのくらいなのか表示してくれる機能もあります。

これらの機能を活用することによって、入力完了率を高めることができるのです。離脱率を改善できるでしょう。

efoを導入する

かご最近はどのような企業でもウェブサイトを持つような時代となりました。ウェブサイトでサービスや製品について宣伝や紹介をするのです。サイト上で登録をするというケースもあるでしょう。わざわざお店まで行かなくても、スタッフと直接顔を合わせなくてもさまざまなサービスを利用したり、商品を購入できるような時代となりました。これはとても便利な時代になったといえるでしょう。

たとえば田舎に住んでいるような方で周辺にお店がほとんどなかったとしても、好きなものを買うことができるのです。都会と変わらないような生活をすることができます。サイト上ですべての手続を済ませられるようになれば、企業にとってもさまざまなメリットがあります。わざわざ紙の書類のやり取りをする必要があり、人件費や紙代などのコストを削減することができるからです。サイト上ですべてを管理すれば良いため、手続きの管理も楽になります。

ただし、サイトにあるエントリーフォームで入力をするというのはまだまだ不十分なシステムであることが多いです。入力をしていてストレスを感じてしまうという方も少なくないでしょう。そのような方の中には入力をしていて、途中で離脱してしまうようなケースがあります。このような問題を解決するためにefoがあるのです。こちらを利用することによって、エントリーフォームの最適化を図ることができるでしょう。

こちらではefoについて解説しましょう。果たしてこれがどのようなサービスなのかを紹介します。